読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かるみに

趣味とともに生きる

ニフレル(NIFREL)は最高に刺激的で面白い施設だった | 営業時間や料金や見どころについて

f:id:trrun:20170504225838p:plain

こんにちは。すーくです。

先日ニフレルに行ってきました。水族館と動物園が合わさった複合施設で大阪のエキスポシティ内にあります。

水族館のイメージといえば、巨大水槽が壁一面に広がっていて、それを歩きながら眺める…って感じじゃないですか。

そんなイメージのままニフレルに行ったんですけど、ギャップにびっくり。水族館のイメージが覆されました。

そんなNIFRELの見どころや、営業時間やアクセス方法についてお話します。 写真もあるよ。

ニフレルってどんな感じ?

f:id:trrun:20170504225838p:plain

生きているミュージアム ニフレル

「感性にふれる」をコンセプトに、従来の水族館、動物園、美術館のジャンルを超えて、アートの要素も取り入れた生き物の美しさ不思議さを直感的に表現した、子どもから大人まで感性を豊かにする展示を行っている(Wikipediaより)

NIFRELの特徴は何と言っても、生き物との距離が近い! 

こんな感じで、部屋の中央に水槽が展示されているので、360度好きな角度から見ることができます。

f:id:trrun:20170430230911j:image

これらの水槽には知名度の高かったり、見た目のインパクトの強い生き物が展示されています。

ダイオウグソクムシや…

f:id:trrun:20170430232050j:image

オシャレなエイ

f:id:trrun:20170430231009j:plain

オウムガイなど…。生で見たのは初めて。

f:id:trrun:20170430232048j:image

NIFREL内の水槽には生き物にまつわる雑学も。 

f:id:trrun:20170430230958j:image

この生き物雑学はTBS系バラエティー「プレバト!!」でお馴染みの夏井いつきさん監修とのこと。実際口になじんで面白い。

モトモトの特徴や魅力を紹介する「五・七・五」」に夏井さんからのメッセージがある。

『生き物たちの一番面白い特徴や特性を知るための謎かけです。まずは、「五・七・五」を声に出してつぶやいてみてください。そこに書かれている謎が、目の前にいる生きものたちとの出会いの扉。好奇心いっぱいに、ニフレルを楽しむための暗号が、この「五・七・五」なのです。」

この俳句のリズムのおかげで「ダイオウグソクムシが見た目の割に小食」だったり、「オウムガイは殻に空気を溜めて浮力調節する」だとかなぜか記憶に残ってる…笑

並んでも体験すべき!ドクターフィッシュ!

f:id:trrun:20170430231531j:plain

写真が見づらくてごめん…でもドクターフィッシュは絶対体験するべき

指を入れると一気に寄ってくる!人間の皮膚の古い角質を舐めるように食べるので結構くすぐったい。

子供人気も抜群に高かった。

ただ子供達じっとしているのが苦手なのか、それとも古い角質が少ないのか…どちらか分からないけど、ドクターフィッシュが一気に寄ってくるのは子供の手ではなく大人の方。残念…笑

〇〇のない動物園

水族館エリアを抜けると次は動物園エリア。

ホワイトタイガー。ワニ。カバ…。人気の動物達が色々な角度から見られるのも、見どころの一つではあるんですけど…

個人的にイチオシは、柵のないエリア!

柵がないから、大型の鳥が人の通路に居座るし…f:id:trrun:20170430231025j:image

 こんな近くからも写真が撮れる。

f:id:trrun:20170430232052j:image

ここまで接近しても逃げないのすごくない…?

f:id:trrun:20170430231057j:plain

柵がないだけなのに、臨場感や迫力が段違い。近くに動物たちが寄ってくるたびに「おおっ!」って感動。

巨大な動物カフェって感じ。

フォトジェニックな水族館&動物園

NIFRELすごく楽しかった。見てて全く飽きない。普通の動物園や水族館は、僕が生き物の知識がないせいで、凄さが分からなかったり、満喫することが出来なかったりしたんだけど、NIFRELにはそれがない。知識がなくても楽しめるような工夫が見受けられる。

・知名度の高い生き物の展示
・見た目のインパクトの強い生き物
・360度見渡せる水槽
・俳句のリズムで学ぶ生き物雑学
・動物たちが間近で眺められる柵のないエリア…

生き物の量や希少性だけでなく、入園者が楽しめる要素を盛り込み全く飽きない。

f:id:trrun:20170504232813p:plain

SNAP YOUR NIFREL インスタグラムでシェアしよう!|生きているミュージアム ニフレル

現に、フォトジェニックのイベントが開催されており写真映えするらしい!

だから僕も撮ってみたよ!

f:id:trrun:20170430230929j:image

写真映え…

f:id:trrun:20170430231106j:image

写真映え…?

f:id:trrun:20170430230938j:image

僕の写真センスが無くて趣旨がブレそうなんだけど、本来はこんな感じ(ニフレルのInstagramから引用)

 

2月9日はフグの日🐡💕 正面から見ると笑っているような魚フグ。 「笑うかどには福(フグ)きたる」と言うように口もとがスマイリー☺︎ ニフレルでも10種類のフグを見ることが出来ます♪ 『フグ』を見て『福』をまねきましょう\(^o^)/ #フグ #パオスバッティ #砂 #埋もれながらも #微笑む #2月9日 #フグの日 #ニフレルホワイトにふれる #インスタグラムキャンペーン開催 公式アカウントをフォローして投稿してね♪ 皆様、ぜひご参加下さい♡ #水族館 #動物園 #美術館 #ジャンルを超えた #感性にふれる #生きているミュージアム #ニフレル #nifrel #エキスポシティ #カメラ女子 #大阪 #冬

生きているミュージアム NIFREL(ニフレル)公式さん(@nifrel_official)がシェアした投稿 -

今回はしっかり写真を撮る余裕がなかったから次行くときは、きちんと取りたい。年パス買おうかなあ。何回行ってもいろんな飽きなさそうだ。

ニフレルの営業時間と料金

営業時間

10:00-20:00

料金

高校生 / 16歳以上…1900円
小・中学生…………1000円
3歳以上………………600円

チケット | ニフレル

アクセス

大阪モノレール「万博記念公園駅」から徒歩2分

アクセス | ニフレル