かるみに

趣味とともに生きる

新卒入社して2週間経ったけど、転職したい

Papers

こんにちは。すーくです。新卒で企業に入社して2週間。早速ですが転職したいと思い始めています。

とはいえ、セクハラ・パワハラが常習化されているわけでも、違法な労働環境なわけだからでもありません。

むしろ、比較的恵まれています。残業は一切なく研修にも時間をかけてくれた。さらに失敗に寛容だったり(入社直後だからというのもある)

最近聞いたのだが、僕が入社した企業は内定倍率が100倍以上あった企業だとか。エントリー数から計算したのか、ES提出数なのか、面接人数なのか、どこを基準に100倍と伝えてくれたかは分からないし、そもそも就活中の実感として本当なのかも疑わしいけれど。

要するに、労働環境に不満は感じていないけれど、転職したいと思っています。

少なくとも、大半にとって魅力的な企業であることは間違いない。それにも関わらず拭いきれない不安がある。

恐らく入社して数週間たった今、同じように不安を抱える人もいるだろうし、転職を考える人もいるだろう。場合によっては、「ここにいると心が壊れてしまう」と身の危険を感じてしまう人もいるだろう。

同じような悩みを持つ人へ向けて、自分の転職欲が出たプロセスや行動したことを残します。

働くにつれて転職したいと思うようになった

転職したいと思っているが、仕事内容の不満がきっかけではない。とはいえ細かい不満を上げれば限りがない。

周囲には経験豊富な人がいて自分の力のなさを実感している、だとか、知識のないまま業務を行わされる、だとか。

とはいえ、これらは自分の知識や経験のなさからくる「不安」を、仕事内容の不満に転換しているに過ぎない。

強いてきっかけをあげると、社員が感じている「やりがい」を自分は好きだとは思えなかった、からだ。

会社説明の「やりがい」と現場とのギャップ

会社説明会で確認しきれなかった自分のミスでもあるのだが、どうもぼくは会社の中でも特に特殊な業務(業務全体の1割にも満たない仕事)を魅力に感じていたようだ。

基本業務は泥臭くなりがちだから会社説明会では説明は省略されないことが多いんだよね。そのうえ、説明会になると伝える側はどうしても言葉を選んで伝えることになる。

特にその仕事が好きな人が代表して話すことが多いので、自分に合うか判断せずに「楽しそうだ!」と思い込んでしまっていた。

んで入社後に就活生と社員という関係でなく、社員同士の同等の関係になって話してみると、「あれ?この部分、僕は全くいいと思わないぞ」と。

その人が考えるやりがい自体は否定するつもりはないし応援したい。例えば、スポーツ選手が「この競技を通してスポーツ産業の活性化に取り組みたい」と言ったとする。

その考えには共感を覚えるし、応援したいと思うはず。かと言って自分でその目標に向けて全力で努力できるかというと、別問題なはず。

ぼくはそのギャップに苦しめられている。もちろん、取り組み続けていれば理解できるようになるのだと思う。

それが新入社員によく伝えられる「仕事は3年間続けろ」の理由だろう。ただ、やりがいを感じるか確かめるのに数年費やすのはリスキーな気がする。

「やりがい」なんて空虚なものを追いかけることすらおかしいのかもしれない。

生まれ持って苦手な仕事なのかもしれない

仕事への不安が顕著になったのが性格診断結果だ。内定をいただいた直後に、社員のストレスマネジメント対策の一貫としてSPIのような性格診断を受けた。

その結果が先日帰ってきたのだが、あまりにも今の自分の考えに当てはまりすぎていた。

回答はもっと婉曲されているが、わかりやすく改変するとこんな感じ。今の仕事は自身の裁量で多くの人と会い複数の業務を同時に行っています。

・あなたは様々な人と会う仕事に向いていません
・結論を他人に委ねがちです
・積極性にかけています
・計画的にコツコツ仕事を行う方が良い結果を出せる

んーーーー。全然ダメじゃん!

性格分析や占いの類はあまり信用しないのだけど、客観的に自分を見つめ直すきっかけになる。

そう思うと、この結果は…僕の心に強くのしかかった。

転職考えるならまず知恵袋を見よう

「新卒 辞めたい」などのキーワードで知恵袋を検索すると、想像以上に多くの人が思い悩んでいることに驚く。

大半は恫喝や違法な残業時間に耐えかねて相談している人ばかりだ。しかし一方で慣れない仕事への不安から、漠然とした悩みを抱えて質問する人もいる。

そのような人に向けての冷静な回答は自分を客観的に見つめ直す良い忠告となる(鵜呑みにするのは危険だが)

例えば…

・新卒より第二新卒を取りたいと思う?
・技術職は激務と言われているが実際は会社によって異なる
・現場で覚えろという教育方針はこの業界で普通
・辞めたところで転職先でも同じように悩むよ
・第二新卒は新卒の時よりもっと条件が厳しくなる

…一概に正しいと判断するのは危険だが、正しい意見もあるのは間違いないと思う。

自分が当事者になった今だからこそ、これらの意見は参考になる。

実際、今の時期社会経験のある大人に転職について尋ねられない。働いている社員に聞くなんてもってのほかだし、身近な大人である両親に相談しようにも、2週間で辞めたいなんて言えるはずがない

そんな状況だと、大人が若者にアドバイスをしている知恵袋はとても参考になる。まあ玉石混交だけど。

転職サイトに登録した

ここまで自分なりの思いを連ねた。

今の仕事を積極的に辞めようと思わない。楽しいし、周りの人も何もできない僕を気にかけてくれるし、支えてくれている。

それにも関わらず、もうすでにいくつか転職サイトに登録している。心が壊れて視野を広げることができなくなる前に、動き出さなきゃいけない。今でさえ小さな違和感であるが、これがいつ増大するかわからない。

辞めてしまってから転職サイトを登録するのは恐ろしい。

後がないからと焦り、適当に選んでしまうことになってしまう。そうなると今以上に大変な企業に入社せざるを得ないかもしれない

まだ余裕のある今、転職サイトに登録して企業をチェックするだけで、新たな一歩を踏み出すきっかけを持ち続けられる

なので、ぼくは転職サイトに登録している。僕が登録したサイトを紹介して締めとする。逃げの転職ではなく攻めの転職となれるよう地に足をつけつつ歩んでいこう

登録した転職サイト

とりあえず定番どころを登録した。「リクナビNEXT」「Re就活」「リクルートエージェント」「ジョブセンスリンク」の4サービス。

個別のサービスがそれぞれ役に立つかどうか判断は難しいが、転職先を考えるために多くの企業に触れる意味ではすべてにおいて満足している。何かほかにこれがオススメ!というのがあればぜひ知りたい