読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かるみに

趣味とともに生きる

1月15日の「こみっく★トレジャー29」へ行ったので、買った本と感想についての話

f:id:trrun:20170116141813j:image

開場前の様子

2017年1月15日に開催された「こみっく★トレジャー」に参加してきました。

約2000サークルが参加した今回。

2000人以上のクリエイターと参加者の熱気を感じ、最高の一日でした。

 

作者のこだわりが詰まった本がたくさん!

僕はそもそもクリエイターのこだわりが見えるのが好きなんです。

例えば、海外旅行に行くときはたいてい「るるぶ」を買います。

「るるぶ」は、情報を満遍なく紹介しているので重宝するのですが、なにか無機質というか感情が伝わってこないんですよね。個人的にですが。

だから、僕が「るるぶ」を読むときは、辞書として使うことが多いんです。

 

でも僕のモチベーションが上がる時って情報を与えられたときじゃないんです。

作者のこだわりとか感情とか、そういったのを生々しく爆発させてるのを見たときの方が、「ああ、やってみたいなあ」と思うんです。

 

そんなこだわりがいっぱい詰まった本は、同人誌即売会にたくさん!!

出版社に比べて知識の網羅具合は負けちゃいます。それでも、作者が感じたこと、偶然出会った独自の体験、それを受けての生の感想が載っているんです。

コミトレで出会う本は、知識を得られるだけでなく製作者のオリジナリティが見えます。

だから、僕は同人誌即売会が大好きなんだー!イエーイ!

 

そういう本を大体買うんだけど、オリジナリティのイメージってむずかしいかもしれません。

そこで購入した同人誌の中で、ネットでも取り扱っていた本を紹介します

前もって買おうと思ってた本じゃなく、全部、当日会場で見つけた本です。こういう偶然の出会いがあるからコミトレはやめられない!

ゲームマスター響

www.dlsite.com

アナログゲームの紹介漫画。

漫画とアナログゲームの親和性は最強って以前話したんだけど、同じ考えの人がいた!

この本で「パンデミック」っていうボードゲームが紹介されてたし、次は絶対やる!

 

深海生物ファン目線で選んだ水族館ガイドブック

www.melonbooks.co.jp

 水族館って1回行くと、「もういいや…」って思ってしまうんだよね。

マンネリ感というか、「魚見て何が楽しいの?」ってふと冷静になってしまう。

でも、この同人誌はすごい。中身も個人で作ったとは思えないほど充実してる。

本を読んで、「あー、こういう視点はなかったな。」って思わせてくれる内容だったし、作者独自の視点が垣間見えるから面白く読めた。

久しぶりに、水族館にまた行きたいなあ。

 

さいごに

後は、「韓国旅行エッセイ」「自転車旅行記」「大阪 富田林の町並みルポ」「カーモデルの選び方」を購入。買った作品は、二次創作よりもエッセイやルポ系の作品が中心でした。

コミトレは、「伝えたい」という気持ちが強い人が個人で創作し発信する場

ブログを書いている身としても、共感を覚えるし、刺激をもらえるいい場所でした。