読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かるみに

趣味とともに生きる

ボードゲーマー必読書!「放課後さいころ倶楽部」の魅力を語りますよー!

結論から言います。

「放課後さいころ倶楽部」の魅力は、読むだけでボードゲームの面白さがわかるところです!

 

ボードゲームの面白さは文字ではわからない

新しいボードゲームを始めたい…

そう思っても、見つけるのは簡単ではありません。

 

なぜなら…

ボードゲームのの面白さは文字で感じにくいからなんです。

 

ボードゲームに限らずあらゆる趣味の面白さは、ルールを見たり聞いたりするだけじゃ感じ取れないんですよね~

 

もちろん僕がボードゲームを紹介するときは、魅力を伝えようと頑張っています。

 

それでも、実体験に文字は勝ることができません。

 

ボードゲームの魅力が伝わりにくい理由

僕らがボードゲームを面白いか考えるのは、ルールを見たときではなく、自分が体験したときに感じた気持ちです。

だから辞書のような無機質に説明には心が動かされません。 

だから「やってみればわかるから!」なんて言われるんですよね。

 

しかし、「未体験のまま、面白いか判断するのは博打。遊んで見ないと分からない」…なんて諦めるのは待ってください。

 

漫画で疑似体験ができる 

ゲームを遊ばないと、ゲームに対して感情を抱くことは出来ません。

しかし、他の人の感情の変化を感じることが出来れば、あたかも自分が経験したように思えます

 

そんな追体験を出来る最高のツールが…漫画です。イエーイ!

 

ということで、ボードゲームを始めたいと思っている人は、ボードゲーム漫画「放課後さいころ倶楽部」を読んでほしい!

 

ちなみに作者の中道裕大さんは相当多くのボードゲームを知り尽くし、自身もボードゲームカフェに頻繁に出入りするほどのボードゲームファン。

そんな作者のマンガなので、本編で紹介されるボードゲームは間違いなく面白い!

 

もちろんぼくも色々遊びました。

カルカソンヌ(6巻で紹介) 

f:id:trrun:20170115002905j:image

 

インカの黄金(2巻で紹介)

f:id:trrun:20170115003023j:image

 

今までに紹介してきたボードゲームは36種類。せっかくなので、どんなボードゲームが紹介されているかお伝えします!

 

1巻

放課後さいころ倶楽部 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)

放課後さいころ倶楽部 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)

 
  • マラケシュ
  • ごきぶりポーカー
  • ねことねずみの大レース
  • はげたかのえじき
  • ミラーズホロウの人狼

 

 

2巻

放課後さいころ倶楽部 2 (ゲッサン少年サンデーコミックス)

放課後さいころ倶楽部 2 (ゲッサン少年サンデーコミックス)

 
  •  ガイスター
  • インカの黄金
  • カタンの開拓者
  • テレストレーション
  • ファウナ

 

 

3巻

放課後さいころ倶楽部 3 (ゲッサン少年サンデーコミックス)

放課後さいころ倶楽部 3 (ゲッサン少年サンデーコミックス)

 
  •  ニムト
  • キングオブトーキョー
  • ごいた
  • ドブル
  • バトルライン

 

 

4巻 

放課後さいころ倶楽部(4) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

放課後さいころ倶楽部(4) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

 
  • ラブレター
  • もんじろう
  • アイランド
  • ケルト

 

 

5巻 

放課後さいころ倶楽部(5) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

放課後さいころ倶楽部(5) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

 
  • ピット
  • オニリム
  • エルフェンランド
  • パンデミック

 

 

6巻

放課後さいころ倶楽部 6 (ゲッサン少年サンデーコミックス)

放課後さいころ倶楽部 6 (ゲッサン少年サンデーコミックス)

 

 

  • アクワイア
  • ブロックス
  • レディース&ジェントルメン
  • バルバロッサ
  • カルカソンヌ

 

 

7巻

放課後さいころ倶楽部(7) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

放課後さいころ倶楽部(7) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

 
  •  プエルトリコ
  • ダンシングドラゴン
  • ナンジャモンジャ

 

 

8巻

放課後さいころ倶楽部(8) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

放課後さいころ倶楽部(8) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

 

 

  •  ヘックメック
  • ファミリア
  • クアルト
  • チャオチャオ
  • 魔法のラビリンス

 

 

まとめ

「放課後さいころ倶楽部」はもちろん漫画としても最高に面白です。

しかし、ボードゲーム紹介誌としても最高なんです!

 

「何か面白いゲームないかなー」ってパラパラとめくると、だいたい面白いゲームが見つかります。

それはマンガの登場人物が、自分の気持ちの変化を同じように感じているからです。