読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かるみに

趣味とともに生きる

「ビリヤード」を再評価しよう。遊んでみたらめちゃくちゃ面白かった!

最近ビリヤードを遊ぶ機会がありました。

今まではボーリングを遊ぶときに、チラッと目に入る程度の存在で面白さが分かってなかってませんでした。失礼ながら「唯の球突きでしょ?」って印象でした。でも実際遊んでみると奥が深いし楽しくて面白い!

1人でビリヤードの練習するほどハマっているから、みんなにおすすめさせてください!

ビリヤードはネットカフェやラウンドワンにも常設されていて気軽に遊べるのがいいんだよね

ビリヤードって?

Billiard

ビリヤードはキューと呼ばれる棒で静止した球を突き、テーブルの6箇所にある穴へ入れるゲーム。

狙った球を入れるために壁に反射させたり、球を何度も反射させて狙いの球を落とすとか、ボーリングでいえばスピリットを狙うようなテクニックを駆使するのが醍醐味

だからこそ楽しむためには熟練の技術が必要な印象があったんだよね。

でも、そもそも球を突いたときの洗練されたアクションが生み出す快音と爽快感がたまんないのよ!

 

球を突いたときの爽快感がすごい

初めてやるスポーツでも、なぜか「あっ これは決まったな?」ってわかる瞬間ってあるじゃないですか。今まで中途半端な出来だったのが、たまたま運良くハマる瞬間

例えば、野球であればカキンッと快音響かせ真芯を捉えた瞬間。テニスであればスイートスポットに当たった瞬間。バスケであればシュートを打ってボールが手から離れた瞬間。上手くいく瞬間って全部最高でしょ?

それらの球技と同じで、ビリヤードも上手く突けた確信する瞬間があるのよ。しかも他の球技より上手くいく瞬間が圧倒的に多い!突いた瞬間に、球と球がぶつかり合う快音が鳴って、キューで突いた手玉は完全に停止するのが見える感じ。

上手く突いたと確信したから良い結果なのか、良い結果だから後付けで成功を確信していたのか、どっちが正しいかは正直わかんないけど、そういう爽快感を覚える機会はかなり多い

短期間で何回も突けるからビギナーズラックの機会も増えるのかな?

とにかく、僕なんかは単純だからその経験を味わったら何回も感じたくなるんだよね。だから、その感覚を再現できるようにテクニックやコツを調べる。そうするとまた上手くいって、どんどん自分の成長が短期間で実感できる。気持ちいい!

成長を感じたくて、人と遊ぶより一人で練習するようになったくらい笑

 

一人だけでなく、みんなでワイワイ楽しめる

一人でも楽しめるとはいえ、ビリヤードの魅力は、勝敗に固執するばかりでなくワイワイ楽しめるところだと思うんだよね。

対戦形式で勝敗が決まるとはいえ、一つ一つのアクションは個人との戦いである側面もあるし。だから球を突いたときの爽快感を共有したり、初心者がビギナーズラックで上手く当てたときに盛り上がったり、経験者がカッコイイテクニックを見せたり。

相手のアクションで思いもよらぬ展開になるからこそ、技術を問わず盛り上がれるゲームだと思う

もちろんテクニックの差が顕著に出るゲームではある。ハンデやルールを設けないと経験者が未経験者に負けることはまずないし。

でも勝利がどうこうというより、個人でも打ち合って味わう快感を感じられる勝敗だけでなく楽しめるところを見つけられるのがビリヤードの魅力だと思うのよ。

だって快音響かせて上手く突くだけでも楽しいのだから!

 

まとめ

アナログなゲームはやっぱり良いね。ボードゲームもそうだけど、物同士の相互作用による変化を感じられるのは、デジタルと違った魅力だよ。右腕だけが筋肉痛になったのは久しぶりだ。運動とは言えるほど激しいわけじゃないけど、身体を動かすのは気持ちいい!

僕が良く行くのはネットカフェ「快活CLUB」。3時間パックで約1000円だから、一人で行けばめちゃくちゃ練習できる。新しい趣味もう一つ見つけた!

 

楽しみながら上手くなる ビリヤード・ドリル From入門者to中級者

楽しみながら上手くなる ビリヤード・ドリル From入門者to中級者