読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かるみに

趣味とともに生きる

【デュエルリンクス】ランク戦で勝率を上げるデッキの組み方

http://yugioh-duellinks-news.com/wp-content/uploads/2016/11/maxresdefault.jpg

遊戯王デュエルリンクスには「ランク戦」というモードがあります

≪ ランク戦 ≫

オンラインで全国のプレイヤーと対戦が出来る、遊戯王デュエルリンクスのコンテンツの一つ。ランクが上がると報酬(ジェム)がもらえるので皆上位を目指して頑張っている。海馬社長の高笑いが最高

 

最高ランク「デュエルキング」を目指すのが一つの目標ですが、闇雲に攻撃力の高いモンスターを入れると勝つのは難しいです…

 

現状のアプリ内のカードは効果モンスターが少なくLPが4000なので、戦略はそれほど複雑ではありません。

そんな現環境での僕なりのデッキの組み方を紹介します。

攻撃と防御のバランスを考える

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41k6xsjgaDL._SX425_.jpg

遊戯王カードは、主に攻撃と防御の2種類のカードがあります。

「ドラゴンゾンビ」「ブラックマジシャン」などのモンスターカードや「闇エネルギー」などの装備魔法は攻撃系カード。「マジカルシルクハット」「ホーリージャベリン」「魔法除去」などの魔法罠カードは防御系カード。

 

手持ちのこれらのカードを見極めながら、バランスを見極めてデッキを組んだ方が勝ちやすいです。(僕は完全に攻撃特化で、モンスター9枚と装備カード4枚がデッキの半数を占めてる)

 

でも、1枚で攻撃と防御両方備えたカードもあります。

こういうカードは優先してデッキに組み込んでおきたいですね~

例えば、「援軍」「マジックアームシールド」「クリボール」などのカード。(これを適切な場面で使えば戦局が一気に変わる)

装備カードを活用しよう

http://ecx.images-amazon.com/images/I/41%2BOi7DULKL.jpg

「攻撃は最大の防御」のように攻撃力が高いモンスターは防御面の役割も備えています。ただそれらはアドバンス召喚(生贄召喚)のものが多く、召喚できないこともあります。召喚前にフィールドにモンスターが倒されてしまったり…。

 

そんなときのおすすめが「装備魔法

そもそも、アドバンス召喚なしの通常モンスターの攻撃力は似たり寄ったりです。よく見かけるのはフィールド魔法込みで1700くらいかな?

 

だから、装備魔法で差別化するわけです。闇の破神剣を装備した時、攻撃力1700のモンスターが2100に(つよい)2枚装備すると2500。こうなるとほぼ負けません。

 

もちろん上位ランクになると対策されがちだけど笑

とはいえ、まず勝率を上げるには装備魔法の活用が欠かせません

 

あ、装備魔法を入れるときは、属性や種族を統一することを忘れずに!

例えば、1枚しかないモンスターだけが装備できる装備魔法を加えても、両方を引ける確率は、降水確率50%並みに微妙です

 

デッキのカードを減らそう

http://ecx.images-amazon.com/images/I/41Ry9OCb0fL.jpg

デッキの枚数が多いと目当てのカードを引く確率が下がります

初期手札にモンスターが1体もいないとか、装備カードが引けなくなったりするんですよね~

だから、高攻撃力モンスターが召喚出来ず、相手に先手を取られて負けてしまいます。

カード枚数は戦略や対策の幅を広げるために重要ですが、まずは20枚に収めるようにしましょう。

頻繁に使われているカードの対策も忘れずに!

http://item.shopping.c.yimg.jp/i/j/card-museum_be01-jp044-n

「カラテマンワンターンキルデッキ」や「ワンダーバルーン」は現状かなり強力です。何もできずに負けてしまうことも少なくありません。

デッキの枚数の1割を占める程度には、対策カードを入れておきたいですね。

カラテマンなら「ホーリージャベリン」「クリボール」「ツイスター」。ワンダーバルーンなら「魔法除去」「ツイスター」「装備魔法」とか。

まとめ

まとめると

  • デッキ枚数を減らして
  • 装備魔法を活用しながら
  • 攻撃と防御カードをバランスよく
  • デッキを組む!

これを意識すれば、漠然に組んでいたデッキに方向性が生まれて、遊戯王がめっちゃ楽しくなります!ぜひ試してみてね!

関連記事

colmini.hatenadiary.jp

colmini.hatenadiary.jp

www.colmin.xyz