読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かるみに

趣味とともに生きる

感情をコントロールしたくて読んだ自己啓発本を紹介します

自己成長には、自分を知ることが欠かせません。その方法の一つとして、自己啓発本を読むことが挙げられます。その需要の多さから、毎月多くの自己啓発本が出版されています。行動が成功の秘訣だと謳うポジティブなものや、ありのままの自分は素晴らしいと寄り添い型のものが多いと感じます。

 

もちろん、その2種類に当てはまらないタイプの自己啓発本があります。「この悩みはなぜ起こっているのか」原因を分析し理論化するタイプの本です。

 

 

自分の小さな箱から脱出する方法

自分の小さな「箱」から脱出する方法

自分の小さな「箱」から脱出する方法

  • 作者: アービンジャーインスティチュート,金森重樹,冨永星
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2006/10/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 156人 クリック: 3,495回
  • この商品を含むブログ (421件) を見る
 

この本はどういう内容?

この本は、自己正当化の仕組みとその悪影響を詳しく説明した自己啓発本です。人間は、自己正当化のために、相手の粗を探してしまいがちです。その問題点と解決策が、ストーリー仕立てで詳しく解説されています。

 

自分の存在を肯定するためには、他に原因を求めると楽なんですね。

僕は一時期辛いことが重なり半ひきこもり状態でした。そういう時に限って、社会を憎み、「自分がこんな状態なのは社会が悪い・友達が悪い」と問題の原因を他者に求めていました。そんな中での唯一の癒しが、コンビニの店員に「いらっしゃいませ」と声をかけてもらうことだったんですね。今振り返ると相当参ってますねこれは。

原因を相手に求め自分の変化を認めなかったので、どんどん深みにはまっていったんですね。

 

誰もが、大なり小なり毎日これらの自己正当化を繰り返しています。ですのでその原因と対処法を知らないと僕のようになっちゃいます。

知識があれば、問題を客観視できます。そうすれば立ち直りは少しは楽になるはずです。自己防衛策としても読んでほしい一冊です。

まとめ

ストーリー仕立てで分かりやすく、挿絵が多く、感覚的な話なのに、イメージが付きやすく購入後一気に最後まで読めちゃいました。最後に、私がこの本を購入するきかっけとなった記事を紹介します。ぜひ一読くださいませ。

www.e-aidem.com