読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かるみに

趣味とともに生きる

瞑想を信用しなかった僕が瞑想を始める決意をするに至った記事をみんなに伝えたい。

Meditation

最近は瞑想ブームだと思います。僕の周りでも多くの人がはじめてます。そしてやっている人はもれなく「ストレスがなくなった!」「すっきりした!」と瞑想をの効果をアピールしています。

 

でも正直胡散臭くないですか?そんな簡単な方法で脱ストレスできるはずないだろう。今はストレスが社会的に問題になっている。簡単な瞑想が効果あるなら今のこの惨状はなんだ。恐らく効果あると思い込んでいる人が、プラシーボ効果でその気になっているだけだろう。スティーブジョブズも瞑想を習慣化していたとはいえ、それは彼のような素晴らしい人がたまたまやってただけで価値があると思い込んでいるだけ。じゃあご飯食べていたらiPhone作れると主張するのと一緒じゃん。

 

そんな流行りモノに難癖付けていたひねくれ者の僕も、瞑想を始めたいと思ったきっかけがありました。それがこれです。

 

 「ある瞑想法と出会って人生が変わった」

anond.hatelabo.jp

とはいえ、記事の内容は他の瞑想記事と変わりません。ヴィパッサナー瞑想法という瞑想のやり方と有用性を説いているだけです。

 

 こんな感じで。

ヴィパッサナー瞑想法の経過、1週間、3ヶ月、1年

んでその後は、買った本に乗ってある奴を徹底的にやった。歩きながら瞑想するのは体と心が同調されていい。
とにかく気力がいらないという点がよかった。つまり、今に集中しろ、現在に気づけ、観察しろ、ただ知れってことだから。
つまり、"Don't think, Feel!!!"というブルース・リーが説く状態に持っていくということ。
1週間くらいしたら、こころの状態がすこぶる良くなっていた。身体が新しくなった感じがして、呼吸するのが気持ちよかった。
心の疲れはちょっと残り続けていたのだが、3ヶ月くらいやってたら、気付いた時には「あれ、心がなんか静まってる」となってあの重い感覚は7割方消えていた。

この効果を見てやりたいと思ったのは事実。僕結構単純だしすぐ「やる気」にはなる。続かないし、すぐ飽きちゃうけれど。だから今までのように見て満足して効果はないと難癖付けようと思っていた。

 

では、なぜ瞑想を続けようと思ったか、それはコメント欄だ。

 3年越しの感想

記事のコメントにこのような書き込みがあった。これが2011年の9月20日。

これ瞑想の内容自体はマジなの?

今の僕と同じ。胡散臭いと思う素直な感想。 

 

そしてこれが2014年の1月22日の記事。

anond.hatelabo.jp

「頭の中の堂々巡りがやめられない」悩みに対する返事。瞑想の効果を語ってくれる。増田は、このサイトのことね。

まさにそれを止めるためのノウハウがある。
瞑想。
特にヴィパッサナー瞑想
俺も昔増田で勧められたんだけど、
本当にその無意味な思考の堂々巡りや妄想がぴたっと止まるよ。
コツコツやってるうちに日常生活でもその癖が治ってくる。

 

そして最後に自分が当時難癖付けていた本人だと告白。

というか俺に勧めてくれたエントリ見つけたから貼る
http://anond.hatelabo.jp/20110920125241
トラバで「これ本当にやってもだいじょぶなの?」って聞いてるのが俺。

まとめ

事実かは判断できない。もしかしたら、別人が感動させるために、言った嘘かもしれない。それでもこの3年越しの変化に感動した。匿名だし3年かけて嘘つく理由も見当たらないから本当だと思うけど。瞑想を継続すると前向きになるという事実を見た。「瞑想って嘘だろ?」と当時の彼のように思っている僕も、愚直に続けるとちょっとは変わるのかなと期待しつつ…。

 

そういうわけで、僕も瞑想を始めてみる。有用だと思ったら記事にする。かつての僕が見たら「胡散臭い」というだろう内容の記事になるかもしれない。