読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かるみに

趣味とともに生きる

自分を磨く上で大切なたった一つのことは、「自分の頭で考える」こと

最近ダイエットしています。

 

 

ほぼ毎日体重計に乗って、体重の変遷を記録。

その様子に一喜一憂の日々しとるわけです。

 

Exercise

 

そんな中、最近人とご飯に行く機会に恵まれ、

唐揚げや焼き鳥なんかを、がっつり!

 

超うまい!

 

なわけで、1日で1kg太ってしまいました。

 

別に1kg脂肪がついたわけじゃない

まあそんな単純に体重が増えるわけないんです。

排泄や発汗によって大部分は体外に出るらしいので。

 

とはいっても、やっぱり体重増えたのは気になるし、食べ過ぎたのは事実だから、今後ちゃんと痩せるか心配…

 

そうやって色々悶々としながら考えていると、どのくらい食べたらいいかわかればいいんじゃないか?って思うように…。

普段の食事制限で摂取している2日分の総カロリーを概算して、もし1日目に食べ過ぎちゃったら、2日目でより低カロリーの食事にすることで2日間の合計カロリーを一緒に保つ。もしそれが無理そうなら、有酸素運動でカロリーを消費。そういう目安でやると、客観的にダイエットの進捗が分かり自信になるし、必要以上に不安にならなくなる…。

 

 

そうやって自分の中で結論が出ました。

 

摂取カロリー総量を記録しよう!

 

 

…。

 

いや、そんなん当たり前じゃないか!って言わないで!僕が言いたいのはここからなんです。

 

考えて自分で結論を出すことが大事

 

僕の場合の結論の出し方はこうだった。

 

ダイエットしながら体重を記録することで体重が減るのを実感する

そこで痩せることが楽しいと思うようになる

 

ある日食べ過ぎて体重が1kg増えてしまった

そこで原因を調べると、それは当たり前のことだと分かる

 

 

ただ、太るのは嫌だ。多くの要因はあるけれど基本的には消費カロリー>摂取カロリーであれば痩せるんだから、食べ過ぎたら太るよね

そこで記録することで、カロリーを管理して食事を調整する

 

 

でも人との食事のときまで制限するのも嫌だし、食べ過ぎちゃうときってどうすればいいかな

そこで2日分のカロリー総量を記録していこう!と思う

 

 

この、「そこで」という部分を自分で考えることが大切な気がする。

 

「そこで」は継続の原動力になる

Car

しっかり考えたからこそ、腑に落ちて納得できる。

自分の中での納得がそれを続ける原動力になるんだと思う。

 

本で見て「いいな~」って思った習慣も

3日坊主になったり

寝て起きたら忘れちゃってる

僕もそんなことがめちゃくちゃ多かった。

 

それらも、しっかり自分の中で考えて、「なんでこう思うか」自分の言葉で言えてこそ、続けられたんだと思うんだよねー。

そうしないと原動力ないままだから!エンジンのない車は進まないのとおんなじ!