読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かるみに

趣味とともに生きる

「勇気を持つ」と「勇気を選ぶ」のニュアンスの違い

本屋で偶然手に取った本に非常に心惹かれる1文がありました。それは…

 

勇気を選ぶ

 

です。勇気を持つ、じゃないんです。選ぶなんです。動詞が違うだけですが僕は大きな違いだと思います。というのも勇気を選ぶって言葉には何か強い意志が感じられる気がしたんですね。

 

 

 

それをよーく考えてみるとその違いは能動か否かでした。

選ぶという言葉には能動的なイメージがあります。複数の選択肢の中から自らの考えで決定したことが「選ぶ」なんです。

 

 

 

進路を選ぶ、職業を選ぶ、行き先を選ぶ、ご飯を選ぶ…全部自分の意思が存在しています。

 

 

一方、持つ、にはそのような意思は感じられません。勿論自分の意思で持ったものもあるでしょう。ただ、ニュアンスとして意思が伝わるのは選ぶなのです。

 

 

たまたまそこにあったペンを持ったのか、たくさんあるペンの中から自分の好みで選んだのか。同じペンを持つ行為ですが、後者の方がちょっとかっこいいですよね。

 

 

 

些細な言葉遣いかも知れませんが、普段から個人的に能動的に感じられる言葉を選ぼうと思います。