読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かるみに

趣味とともに生きる

自分の考えを伝えるときに大切なこと

想いを伝えるうえで大切な意識ってのは、背伸びしないことだよね。

 

僕はブログ書くたびに、いい格好したいって常に思ってた。

「感動を与える文章を書きたい」とか「人に影響を与えたい」って考えながら執筆してきた。

 

高いクオリティの文章構成で、記事を書こうと意識する。そして「結論を最初から書く」とかのテクニックに頼ってみる。

 

 

でも、それじゃダメなんだよね。

いざ書いてみると、自分の心を惹くような感動的な記事は完成しない。むしろ「テクニックをいくら勉強しても素敵な文章を書けない」と、自分の文章能力のなさに苦しみ、自分の考えを伝えることを辞めてしまう。

 

素晴らしい記事を書けない理由は簡単で、テクニックや文章能力が不足しているのではなくて、小手先のテクニックばかり重視して内容に意識を向けてないからなんだよね。

 

いくら、テクニックを覚えても、主張したいことや主張を裏付ける根拠がなければ、記事の内容は薄っぺらくなる。

 

素敵な内容を書けないのは、テクニックばかりを追求し、内容を疎かにしてるからじゃないかな。

 

だから、テクニックに頼る必要はないんだよ。無理に自分をすごく見せなくていい。

 

なぜそう主張したいのか、だけを、自分の言葉で伝えるだけでいいんだよ。

 

自分が書けないことを書く必要はないんだよね。