かるみに

趣味とともに生きる

瞑想を今回こそは本気で続けよう。瞑想を習慣づける3つのコツ

meditation

瞑想は心の乱れをセルフチェックする健康診断だ。

「瞑想を続けたい!」「瞑想は効果的だ」。そう分かっていても継続するのは簡単ではない。実際私自身も何度も失敗を繰り返して、何度も落ち込んでいた。

実は、瞑想が続かない理由は単純で、ちょっとしたことを意識するだけで誰でも瞑想を継続させることが出来る。

そこで本日は、私が瞑想の習慣を定着させた3つのコツを紹介する。

1.瞑想状態になるまで気合を入れる

瞑想は、難しい。無心で何も考えていないリラックス状態は簡単だと思い込んでいる人は多い。そのため瞑想を続けてもまったくリラックスできず、「瞑想なんて効果ない」と勘違いしてしまう。

慣れないうちに瞑想は、リラックスするというより疲れるのだ。
瞑想を行う時は、普段と脳の働きが変わるのはイメージが出来るだろう。無意識化で働く脳を意識することから瞑想は始まるからだ。

瞑想状態に入るためには、通常の脳を、瞑想の脳に切り替える必要がある。この切り替えが慣れないうちは大変なのだ。

また、人には「現状維持バイアス」という性格がある。

大きな状況変化ではない限り、現状維持を望むバイアス。未知なもの、未体験のものを受け入れず、現状は現状のままでいたいとする心理作用のこと。

激しく働いている脳を落ち着かせる行為は、心理的にも難しい。理由もなくネットサーフィンで時間をつぶしたことがあるだろう。脳は動かし続けるほうが楽なのである。
瞑想が、激しく動いている脳を落ち着かせる行為である以上、瞑想状態へ達するためには精神的にも疲れてしまうのだ。

それを一度乗り越えると、瞑想状態の心地よさから瞑想のとりこになること間違いない。

2.3分間を作る

瞑想は、短時間で出来る。1週間に1度1時間瞑想するより、1日3分瞑想した方が効果的だ。

瞑想は脳にメリハリを生む行為だ。常に無意識化で働いている脳を落ち着けて、本当に使いたいときに脳を活用するためのツールだ。時間が重要なのではなく、メリハリを生むのが重要なのだ。

3分では脳を落ち着けることが出来なかった。瞑想が上手くいかなかった。と悩むかもしれない。しかし「脳を休ませよう」と思った地点で、メリハリをつけることには成功している。その効果は無心の状態を続けられるほど強い。

したがって、瞑想は長時間行う必要は全くない。私はiPhoneでSiriに「3分後にアラーム」と毎回話しかけてから瞑想を始めている。瞑想を始めたら3分間は一瞬だ。足りないときは追加で3分瞑想するときもある。

しかし気分は爽快に変わる。

3.瞑想はどこでもできるものだと気づく

瞑想は、どこでもできる。騒がしいオフィス街でも、電車の中でも、デスクワーク中でも。カフェでも。

瞑想と聞くと、座禅をイメージしてしまう。胡坐をかいて、目を閉じ、手のひらを上にしなければならないと考えてしまう。そんな座禅できる環境は滅多にできない。しかし、立ちながらでも座りながらでも瞑想は出来るのだ。さらに言えば寝ながらでも可能だ。

私は「ヴィッパサナー瞑想」を行っている。端的に言えば「今を意識し続ける」という瞑想法だ。瞑想の方法は多くあれど、現在の自分自身を意識し続けるという部分は共通している。(脳に浮かぶ考えや呼吸など)これなら、どこでもできる。

簡単にできるものなのに、環境が整わないからできないと思うのはやめにしよう。

最後に

今回瞑想の特徴を紹介した。

瞑想の特徴を記す。

  • 難しいが、
  • 3分でできる
  • どこでもできる

瞑想が難しいのは、フル稼働している脳を落ち着かせる必要があるからだ。それは誰にでも出来ることではない。「無心」を極めるために、お坊さんが滝修行や座禅など厳しい修業をしていることからもわかるだろう。

彼らのように、過酷な中でも無欲でいる必要はないが、脳を切り替える技術を得るには、修業が必要であろう。それは毎日「短時間でも」「どこでもできる」利点を生かして毎日繰り返すことで習得できる。

私も、疲れているときや忙しいときに瞑想を行っても、無心にたどり着くには未だに難しい。瞑想が上手くできないときは、「自分の心が弱っているんだな」と気づくことが出来る。

短時間で無料でどこでもできる、瞑想は短く効果的な素晴らしいツールだ。

無気力感や焦燥感を自分の性格だと思っていたら「うつ状態」だと診断された話

Tired

先日心療内科に通うと、うつ状態と診断されました。

受診した早朝には吐き気と動悸が収まらず、無気力症や焦燥感に悩まされていました。

当時は、良くある憂鬱な気分と思って、友人に愚痴っていたところ「よくない」と言われ、心療内科の受診を進められ「うつ状態+躁鬱の可能性あり」と判断されました。

一応、今は処方箋の落ち着いているので今のうちに色々と記憶を整理しておこうかなと思います。

そもそも五月病と鬱の違いは何なのか。うつ病とうつ状態の違いは何なのか。ってところからお話しして、自分の経験をざっくりと振り返ってみます。

  • 五月病とは…?
  • うつ状態とは…?
  • うつ病とうつ状態の違い
  • うつ状態になった経緯
  • もっと早めに受診していれば避けられた
続きを読む

東京のボードゲームカフェを巡ってきたので色々紹介する

こんにちは。すーくです。東京でボードゲームカフェに行く用事があったので紹介します。

  • 秋葉原集会所
    • 1・何でもできる集会所
    • 2・立地が良く営業時間も長い!
    • 3・優しいスタッフさんと定期的なイベント開催
    • 遊んだゲーム
    •  店舗情報
  • JELLYJELLYCAFE(渋谷店)
    • 1・知名度の高い人気ボードゲームカフェ
    • 2・立地が良く内装も綺麗
    • 3・特徴的な会計システム
    • 4・店員さんにインストをお願いできる
    • 遊んだゲーム
    •  店舗情報
  • JELLYJELLYCAFE(下北沢店)
    • 1・上記の渋谷店の系列店
    • 2・毎週頻繁にイベント開催
    • 3・イベントの魅力はタイムスケジュールが決まっているところ
    • 遊んだゲーム
    •  店舗情報
  • 東京近辺にあるボードゲームカフェ(おまけ)
    • 高円寺0分すごろくや
続きを読む

浦島太郎と5分で学ぶ。ボードゲーム「ウミガメの島」について | お手軽相乗りすごろくボードゲーム

f:id:trrun:20170513001607p:plain

f:id:trrun:20170512155912p:plain
ううう…玉手箱を開けたら白い煙じゃなくてコマとマスが描かれたボードが現れたぞ…

f:id:trrun:20170513002716j:image

f:id:trrun:20170512155928p:plain
おや?それは「ウミガメの島」というボードゲームですね。21マスのすごろくボードをさいころを振って進むボードゲームで、「はげたかのえじき」や「ガイスター」の作者が作った作品ですよ。

f:id:trrun:20170512155912p:plain
すごろく?人生ゲームみたいなものですよね?子供向けってイメージ強いですけど…乙姫様はなぜこんなものを…

f:id:trrun:20170512155928p:plain
いやいや、「ウミガメの島」は面白いですよ。すごろくベースだけに運要素は強いですけど、戦略や度胸が絡み合って何度やってもワイワイ盛り上がれるボードゲームですよ。せっかくなので乙姫様に代わって「ウミガメの島」のルールを説明しますよ。

  •  「ウミガメの島」は3つのサイコロを駆使して進むすごろくゲーム
    • まとめ
  • ウミガメの島の真骨頂。「相乗りシステム」
  • 今回紹介したボードゲームはこちら
続きを読む

ミニマリストの本質とは? │「モノがないだけ」と言われないために覚えておくこと

f:id:trrun:20170508221634p:plain

ミニマリストのすーくです。
「ミニマリストの本質は何なのか」を理解するのは大切です。

ミニマリストの特集が組まれ、彼らのシンプルライフに憧れる機会は増えてきました。しかし「物を捨てるとミニマリストのような人に慣れる」と考えて、安易にモノを捨ててしまうと、彼らのようになれるどころか、反対に不幸になってしまいます。

「シンプルライフ」とは何か。「ミニマリストとはどのような人か」について自分の経験をもとに振り返ってみます。

これを理解してから、なんとなく物を捨ててミニマリストと感じていた生活から、より有意義な選択をできるようになりました。

ぜひ参考にしてくださいませ。 

世の中は「選択」の場面で溢れている

ミニマリストの話をする前に、まずは選択についてのお話をします。

僕たちが日々行うあらゆる行動には、「選択」や「判断」が伴います。いくつか下の図に例を挙げてみました。

f:id:trrun:20170508215732p:plain

僕たちは多くの選択の中で生活しており、それらの答えを毎日考え続けています。

人は4パターンに分類できる

また、判断や選択における回答度合いにおいて、人は4パターンに分類が出来ます。「熟練者」「初心者」「ズボラ」「無関心」です。それぞれのタイプは次のような特徴を備えています。

1・熟練者  あらゆる選択の場面において回答を用意している人
2・初心者 選択の場面に気づきつつも、対策の仕方が分からない人
3・ズボラ 選択の場面を見て見ぬ振りする人
4・無関心 選択する場面がそもそもない人

ほとんどの初心者は、まず熟練者を目指します。テクニック本を読んだり、「〇〇する5つの方法」といったサイトを参考にします。

しかし、多くの人が熟練者ではなく、ズボラな人になってしまいます。習慣が長続きしなかったり、解決策が思いつかなかったり…。ぼくもその1人でした。

例えば「部屋が汚れてしまう」という悩みは、モノがある限り必ず生まれる「○○をどこに片付けようか」という選択の答えを見つけられず、ズボラな人になった結果です。

しかし、選択や疑問の答えを見つける行為は大変時間がかかり苦労する問題です。挫折するのも仕方ありません。

選択肢を減らす努力をするのがミニマリスト

初心者が熟練者を目指し挫折してズボラになってしまうのは避けられません。(正攻法のやり方。下図の黄色部分)。しかし、解決策や答えを出さなければならない状況を避ける方法はいくらでもあります。

ミニマリストとは、興味のないことは初心者から無関心を目指し、興味のあることは初心者から熟練者を目指す人のことを指します。(下図の赤色)

f:id:trrun:20170510152428p:plain

下の図の赤い部分には、多くのミニマリストが取り組んでいることを載せています。疑問や選択肢の答えを出すよりも、簡単に「掃除」「洗濯」「服」「文具」などで生まれる疑問や選択の場面を取り除くことが出来ます。

f:id:trrun:20170508215805p:plain

多くのミニマリストは、日常生活のあらゆる事柄において解決策や正解を導いているわけではありません。全く異なる別の視点から問題を解決しようとしています。その解決策の一つが、ミニマリストの代名詞である「物を持たない」なのです。 

興味のないことすべてを無関心状態へ目指す必要はない

自分が行うすべての選択において疑問への回答が用意できていれば、あえて別の視点から問題を解決する必要はありません。

しかし、クローゼットが散らかったり、掃除が苦手であったり…と、ゼロからすべてを始めようとすると相当努力しなければなりません。過酷であるために、見て見ぬふりをするようになってしまいます。

それを避けるために、答えを用意出来ない判断に迫られる機会を減らすことが重要です

極端なミニマリストであったり、過度な節約はNG

「捨てる」という考えがピックアップされているために、ミニマリストは批判にも会いがちです。

しかし、この批判も的外れではありません。物を捨てるのは選択肢を削る手段です。選択の機会を減らすということは、ほかの選択に集中できる、ということです。

それらの分野を極めずに目指さずに、ただ選択の機会を減らしても、待っているのはシンプルで洗練された暮らしではなく、何も無い虚無です。

 ミニマリストブームの先駆けとなった2人が運営しているサイト「The Minimalists」から興味深い一節があったので引用します。

Minimalists don’t focus on having less, less, less; rather, we focus on making room for more: more time, more passion, more experiences, more growth, more contribution, more contentment. More freedom. Clearing the clutter from life’s path helps us make that room.

物を捨てることではなく、より幸せなことに力を注ぐ生活がミニマリストです。

ミニマリストは「選択の場面を減らす人のこと」

まとめるとミニマリストは

・選択や判断の機会を、本当に自分がしたいことだけに絞っている人
・自分が生活するうえで生じる疑問や選択に答えを持っている人
・日々生じる選択や判断への回答を持っている人

です。決して物を捨てている人のことではありません。自分が取り組みたいことに集中するために、余計な選択の機会を削る人がミニマリストです。

 シンプルライフも同じです。物を処分したり、知識を蓄えたり、外部サービスに頼ることによって、答えがない状況を避けている生活のことです。f:id:trrun:20170510151524p:plain