読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かるみに

趣味とともに生きる

駐輪場に置いていたクロスバイクが盗難に。盗まれたときの事の顛末と対応したことを書く

bicycle

こんにちは。すーくです。

ぼくはクロスバイクを持っていて、長年通学や外出時に使っていました。

壊れてメンテナンスしたり、パーツ交換したり…結構愛着が湧いていた自転車です。

ただ、1年ほど前、リアキャリアが破損し修理も面倒になったため、最近までずっと使わずにマンションの駐輪場に置いていたんですが…

突然自転車が無くなった!!!

生活スタイルが変わり、久しぶりに自転車を使おうと思った矢先の出来事。楽しみにしていたので、すごいつらい…

色々と確認を取っていたのですが、今回の盗難に至った経緯が特殊であったので、盗難だと判断するのに時間がかかりました。

特殊な事例なので、役立つ時が来るかは分かりませんがシェアしたいと思います。

  • 事件発生!
  • 考えられること
    • 1.管理会社が黙って廃棄する
    • 2.個人の盗難
    • 3.個人の回収業者の誤回収
  • まとめ
  • 盗難の可能性があるときにしたこと
  • 今後の対策
続きを読む

早起きって難しいけど、継続すると人生の楽しみが増えるよ

Clock

どうもです。すーくです。

「毎朝起きるのすごく早いね」と言われることがあります。別に、4:00や5:00といった朝日が登る前に起きているわけではないんですが、例えば、7:00に起きれば十分なところを6:00に起きるようにしています。

「何でそんなことしているの?」と聞かれても、自分でその答えが見つからなかったんですが、最近一つの考え方に基づいていたことに気づきました。

それは…

何かを強いられるのは嫌だ

っていうも考え方でした。なので早起きをテーマに、そのことについてお話しようと思います。

時間に追われる生活はしんどい

僕の基本的な考え方は、「何かを強いられる生活は嫌だ」ということです。多分、「やらされる」ことに快感を覚える人って少ないんじゃないかな。

例えば、朝寝坊しちゃってすごく焦っている場面をイメージしてほしいです。 

朝時計を見て飛び起きて、洗顔や着替えを、普段は30分の所を15分で済ませて息付く暇もなく出発。

全力疾走で自宅から最寄り駅まで向かうバス停に到着。ギリギリでバスに乗車するも、そんな時に限ってバスが渋滞に巻き込まれたり

駅に到着後も、持てる力を出し切って改札を過ぎて階段を上り、息も絶え絶えにギリギリ電車に間に合う…

こんな生活はしんどいです。これほど極端ではないにせよ、時間を気にしながら行動するのは疲れます…

選択肢がないのはしんどい

こんな生活が嫌なのは、気を張るとか時間に気を取られるとか、遅刻する不安によるストレスとか…色々考えられるけど、疲れる一番の原因は

そうせざるを得ない状況だから

なんですよね。自分で今日は早く出ようと思って同じ時間で出発しても疲れないはず。

「〇〇しなさい!」と言われるのが嫌なのと根本的には一緒で、

そうせざるを得ない状況に追い込まれるのは嫌なはず

早起きするのは選択肢を持つため

だから、ぼくは「やらされている」感覚を感じないように早起きしています

寝起きからすぐ出発したくないと思った日には珈琲を飲んでリラックスしてから行けるように。面白いテレビ番組の録画をどうしても見たくなったら見れるように。

結果的に同じことだったとしても、数ある選択肢の中から自分が選んだ結果と、それを「選ばされて」選んだ結果であれば、自分で選んだ方が精神的にすごく気楽

このように過ごすために、早起きを無理にしているのではないです。

早起きしない選択と、早起きする選択の二択から、「早起きする選択」を選んでいます。

早起きすると、行動を選択できる機会が増えるんで、オススメですよ。

僕が半年で遊んだボードゲームと特徴をまとめて紹介してみる(現在35種類)

こんにちは。すーくです。

f:id:trrun:20170425171517p:plain

ボードゲームって面白いですよねー!
忘備録も込めて、この半年で遊んだボードゲームとその特徴を紹介します。多分もっとありますが、思い出し次第追加します。

特徴を分かりやすくするために、次のような基準を設けています。星の数が低いのは、そのボードゲームがつまらないのではなく、反対側の特徴が強いということを示しています。

【手軽さ】
1回のプレイ時間が短いかどうか。
星の数が少ないと、ボリュームがあり重厚なゲームになります。

【戦略性】
思考力や頭脳戦など頭を使うボードゲームかどうか。
星の数が増えるほど、運の要素が低くなります。

【人間力】
心理戦や度胸、観察眼や創造力などが要求されるゲームかどうか。
星の数が少ないと、戦略性や運の要素が強くなります

 それでは、紹介します!かなりのボリュームになりますが、どうかお付き合いください!

  • 1.アニュビスの仮面
  • 2.ハゲタカのえじき
  • 3.カタンの開拓者たち
  • 4.カルカソンヌ
  • 5.宝石のきらめき
  • 6.インカの黄金
  • 7.DIXIT
  • 8.ドミニオン
  • 9.ワードバスケット
  • 10.パンデミック
  • 11.キングオブトーキョー
  • 12チケットトゥーライド
  • 13.ハイパーロボット
  • 14.ブロックス
  • 15.コヨーテ
  • 16.ナショナルエコノミー
  • 17.QUARTO
  • 18.QUORIDOR
  • 19.ミッドナイトパーティー
  • 20.ウミガメの島
  • 21.ドブル
  • 22.ピット
  • 23.ナインタイル
  • 24.ガイスター
  • 25.クレイジーデービー
  • 26.ごきぶりポーカー
  • 27.ゴキブリスープ
  • 28.おい!それはオレの魚だ!
  • 29.CARTAGENA
  • 30.ナンジャモンジャ
  • 31.テレストレーション
  • 32.おばけキャッチ
  • 33.リカーーーーリング
  • 34.コードネーム
  • 35.ファミリア
  • まとめ
続きを読む

伝わりやすいボードゲームのインストは、誰もが知っているルールを使って説明できるか

Chess

どうも、すーくです。

ボードゲームを遊ぶときは、同じゲームを繰り返すことって案外少なかったりします。

むしろ「できるだけ色んなボードゲームを沢山遊ぼう!」と意気込んで、深く遊ぶのではなく広く浅く遊ぶこともあります。1回遊んだら次のゲームを遊んで…また1時間くらい遊んだらまた別のゲームをしたり…。

そのときに、自分が遊びたいゲームをインストするときがありますが、インストってゲームの印象を大きく左右します。

「えっ!こんなルールがあったの?」「説明されてたけど肝心なルールが曖昧だった!」。こんな反応はインストする側としては辛いものです。ゲームの面白さを完全に味わってもらえなかった…と反省することもしばしば。

そこでインスト論についてまた語ってみます。

前回はこちら

  • ルール説明が難しいのは、ルールが独特だから
  • 相手が知っていそうなルールから説明する
  • まとめ
続きを読む

1週間で20人にボードゲームのルール説明をして学んだコツまとめ

こんにちは。すーくです。

About to Seafare Catan.

自分のボードゲーム好きがアピールが高じて、新たに20人がボードゲームに興味を持ってくれました。

彼らとは何日かに分けてボードゲームカフェに行ったのですが、経験者が僕だけでしたので、ボードゲームのルール説明はほぼすべて僕が担当しました。

でも、同じボードゲームを紹介しているのに、ウケの良い時と悪い時があるんですよねー。

そのとき未経験の人に伝える方法を試行錯誤した結果、ルール説明をどうすればいいのかが多少分かってきました。

そこで、僕が実践してきた感じたルール説明で意識している2つのフレームワークについてお話します。

  • ルール説明=インスト
  • やり方を話す前に…
  • インスト論
    • 帰納パターン
  • 例外パターン
  • まとめ
続きを読む